ツイート Follow @kyawamo Live後記 | 感情を書き写してみる。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.07.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

札幌で過ごした日々〜2日目〜


12時前に起床。シュージがちんたら風呂入ってるせいで13時までホテル延長。ちゃっかり自分も熱々の風呂へ。少々飲み過ぎた感があり、前回の札幌(飲み過ぎて全然声出ない事件)みたいになってはいかんとアルコールを汗と共に流し出すも7時間前に胃袋に納められた山岡家だけは流し出せず。13時過ぎ、キッケンカー到着。腹が減っては戦は出来ぬ、舌鼓を打ちに恒例の回転寿司トリトン!佐藤は本気を出しすぎて3000円超。

腹ごしらえ後、そのままスピリチュアルラウンジへ直行し15分も走らぬ内に到着。

初めてのハコに緊張しながらシガレットリハが終わるのを静かに待っているとキッケンが颯爽と登場。

ちょっと弾かせて欲しいというので弾かせたら心なしかギターの鳴りが悪くなったような。きっと気のせいだよねキッケン!静カニのリハを終えたあと、ふざけてマオにソロ時のアー写を撮ってもらったり一緒に何か実験的なバンドやりたねーなんて他愛のない会話をしつつ会場オプーン。

最初はsea sui。東京でおそらく一度観たことがあるのだけどどこで観たのか正確に思い出せず。武田さんが歌う詩は懐かしさを抱えたとても純粋なPOPソング。新曲のコーラスワークが素敵で聴いていて気持ちが良かった。
次に46°halo。ドラムの岡崎さんは以前シガレットでサポートしていたのを都内で2度観ただけなんだけど、楽しそうに叩くドラムは個人的にツボ。それも相成ってかドリーミーなサウンドを醸し出していた。新保サンのギターの音量もフレーズも絶妙な位置にいてずっと見入ってしまった。
3番手は我々静カニ。
新曲A→新曲D→slow sign→isotope→idea→step forward
という曲名すら決まっていない、勿論音源化すらされていない曲をやったのだけどこのセットの流れが自分たちにとってちょうど良い。sleep codeで助走するような入り方や新曲Aのようにいきなりモチベーションを上げる入り方、気分によって2通りの選択肢ができたことは非常に大きい。初めてのハコにも関わらず、とても演奏しやすく歌いやすい場所。たった二日間だったけれど、今晩が札幌でシガレットケースと共に演奏できる最後のステージなのだと思ったら感情が高ぶり過ぎてしまいライブ中に感極まって涙してしまった。step forwardの最後のDコードを弾き終わり、ふと最後に舞台袖を見ると蝦名さんが。肩を叩かれながらステージを降り、その後数十分は放心状態だった。
嬉しいことにMIND WARPのメンバーや、音源をディストロしていただいたBERLiN recordsキリモトさんが観に来てくれていた。シガレットや闇鍋が都内に来たときに一緒にいたんだという美味しいカレー屋を教えてくれた方、演奏を終えたあと声かけていただいた方々の言葉がとても心に響いた。「良かったです」ただその一言が我々の未来を変える。

外での談笑を終え会場に戻ると水玉さがしが既に始まっていた。と同時に一瞬で惹き付けられ、もう完璧としか言い様が無い鉄壁の演奏と素晴らしく綺麗な声。スピーカーの前で目を綴じ、聞き入っているとフルートの音が。一体誰が演奏しているのだろうと目を開けると誰もフルートを演奏していない。一瞬??となったがその正体は実はよしこさんの肉声だった。salyuのライブを観て以来、こんなに女性の歌声で高揚したことは無い。自分もこんな風に歌えたらとおこがましい気持ちを抱きながらあっと言う間に演奏終了。玉置さんがフルアコを弾いていた曲がとても素敵だった。
最後はいよいよシガレットケース。161倉庫のときよりもダイナミクスがくっきりとしたライブ。トゥモロの身体の底から吐き出されるような歌声や高橋君の内なる魂を爆発させたような演奏スタイル、新保サンのこれまた丁度良いアレンジがシガレットケースの雰囲気を十二分に醸し出しており、自分もギターを弾きたいという気持ちを抑えるのにとにかく必死だった。1曲1曲熟知しているだけあって身体の芯が温まり、ディストロして本当に良かったと思えるライブだった。個人的に彼女は30代40代になっても音楽を続けていて欲しい。ベースを弾く姿が本当にかっこいいのだから。

すべてが終わると恒例の打上げ。会場名は失念。
啓詩君と闇鍋の今後の動向を話しながら呑む。彼らにはまた是非とも都内や横浜に来て欲しい。その時には正式なベーシストが決まっていることを心から願う。乳首芸のパイオニア、合月君でも充分なんだけど。
この日、ハイボールの微炭酸が本当に微炭酸すぎてピッチャーだと2/3も減っていないのにウィスキー水割りになってしまい至極残念。ワインに切り替え。こういうときのワインは確実に酔えて良い。そもそも酒なら種類にあった最低限のクオリティさえあれば正直なんでも良い。俄に酔い始めてきたところで水玉さがしの方々と談笑。ザキさんやボブさん、たまきさん、水玉よしこさんがめちゃくちゃ良い人たちで一瞬にして虜に。このとき、よしこさんたちに貰った言葉でどれだけ救われたことか。その話はまた後日。トイレに立つと札幌で仕事に来ているという日本語が若干達者な外人さんと遭遇。なんとなく音楽の話になり、Gibson使ってると言ったら、自分は手が小さいからFender使ってるんだよと手を合わせフレンドリーな雰囲気に。彼と別れたあと、会場を出発することになったのでタクシーでミートの家へ。しかしすぐに鞄を忘れたことに気づき、再び店。そういえば佐藤に借りた充電器もスピリチュアルに忘れてしまったことを思い出す。
気を取り直し皆でミートの家へ。到着するとゆきをさんが美味しいつまみを用意して待っていてくれた。明日はいよいよKill in 3℃,was,Amusica'との再会。札幌atticに胸膨らませこの日はこれにて就寝。


※水玉さがし、たまきさんのブログから勝手に拝借させていただきました!

札幌で過ごした日々〜1日目〜


今回2度目の札幌。羽田を飛び立ち、新千歳に降り立ったとき、本当にここが北海道なのか確たる実感を持てずにいた。フライト時間およそ1時間15分。横浜から八王子までの移動時間とさほど変わらないからだ。それが一気に覚めたのは新千歳から札幌行きのバスに乗り込み、最初に目に飛び込んできた光景。針葉樹から木漏れる日差しが雪に反射し目を細めた瞬間、いよいよ我々は北海道に来たのだと実感した。
それから一旦ススキノにあるホテルへ直行しチェックイン。ある程度の荷物を置いてタクシーで161倉庫へ。ここは前回来れなかった場所であり、今回楽しみにしている場所の一つでもあった。入り口でマオとトゥモロ、続いて闇鍋の面々とspirit page合月君と再会を果たした。161はどことなく雰囲気が天王町オレンジカウンティに似ているとても落ち着く場所。(音もオレカン似!!)
リハを終え物販を準備し軽くストレッチ。しかし寒さですぐに身体が冷えてしまい本番直前にもう一度トライすることに。その後、札幌スピリチュアルラウンジの物腰柔らかい新保さんと初めてお会いし挨拶を交わす。
ひとまず161倉庫を出てウロウロするも土地勘が無いため近所のローソンへ

春まで誰にも乗られず何十日もこうして過ごしているのだろうか

161に戻るとミートが相変わらずの笑顔のままでいることに感情が爆発し思わず抱擁。ハグの嵐。キッケンも登場!
色々なひとと談笑を重ねている内にライブスタート。
The Last bus to London(室蘭)はベースレスのトリオ。ドラム、ギター二人とシンプルな構成ながらもしっかりと低音は出ているし何より長内君のエフェクターの使い方がとても綺麗だった。札幌に着いて一番最初に見たバンド。
次にGALEGA。演奏に爆発力があるし何より歌が素敵でペイジのギン君っぽさがあった。
3番目は静カニ。今年初のライブということでかなり緊張していたが、会場の温かい空気が緊張をほぐしてくれた。機材トラブル(big muff死亡)などに見舞われるも
新曲(札幌で初披露)→October→slow sign→isotope→glitch noize→idea→step forwardの流れ。初めてやる新曲も好調。その後2日間は常に1曲目で披露することに。終えるとそこにはぎゃーさんもいてなんだか嬉しい気持ちで一杯に。
我々が演奏を終えると次は闇鍋。彼らとは目黒modスタジオ、天王町StudioOLIVE、渋谷LUSHと4度目となる対バン。毎回見る度に好きになっていくバンドであり、今回spirit page合月君がベースをサポートしていたせいか、グルーブが凄まじい。マイノリティソングが聴けなかったのが残念だったけれどめちゃくちゃ良いライブをしていた。
最後は今回招待してくれた企画者でもあるシガレットケース。ドラムはworst tasteマオ、ギターは新保さんとオリジナルメンバーでもある高橋君。そしてリーダーのトゥモロ。東京でサポートしているので、客観的に観るのは今回初。歌詞も全部知ってるので一緒に合唱。もうね、これは別に自分がサポートしているとかじゃないけど本当にかっこ良いんですこのバンド。ただただエモい!曲ごとに自分とまったく違う色のギターフレーズ。そこをそう弾くのかと目から鱗。アンコール終えた頃には自分も弾きたかったと嫉妬まみれ。

全バンド演奏を終えた後、ディスチャーミングマン蝦名さんと柛代君に再会。蝦名さんは去年のデルタ感謝祭の横須賀以来お会いしてなかったので憶えていてくれて本当に嬉しかった。(佐藤は相変わらずブタキングと呼ばれていた笑)

打上げは161倉庫と隣にあるモリモ亭。焼き魚、スープカレーっぽいスープ、ラーメンサラダ、お刺身etc...これらが1ドリンク込みで1000円なんて信じられない。しかもモリモさんの料理はどれも絶品&リーズナブル。もしも161倉庫に行く機会があったら是非ともモリモ亭に足を運ぶことをオススメします。
合月君の乳首芸、ぎゃーさんにワインぶっかけられたりなど、相当濃い時間を過ごしたあと、ホテルへ帰還・・・のはずがキッケンに煽られる形で朝5時の山岡家へ

甲府でその洗礼を受けているにも関わらず「札幌だけは違うはず(味的な意味で)」と己を鼓舞。結果は言うまでもありませんでした。どむーんとした胃を引っ提げホテルへ無事帰還。

試練を熱々の風呂に入り一日目終了!

・・・しかしこの後、更なる試練が我々を襲うのであった。。。

10/24(日)@天王町Sutdio OLIVE Ast/Bstの模様


悪天候(しかも初めてのひとには分かりづらい!)にも関わらずスタジオオリーブにお越し下さった皆様、本当にありがとうございました!札幌からシガレットケースと闇鍋が来横するということで、出演を快諾していただいたweave,AMA,fifi,fabrica,object girl's clubも本当にありがとうございました。スタジオライブで¥1,000という値段は果たしてどうだろうと思いましたが、場所代と各出演バンドにはどうしても最低限交通費は出したいという我々の意向もあり、あのチケット代になってしまいましたが、その分少しでも居心地の良い空間を提供できたのではないのかなと勝手に自己満足に耽っております。美味しいカレーも提供できたことですし。Foodを手伝ってくれた前江田嬢、プロジェクターを快く貸してくれた川合氏、ありがとう、助かりました!会場設営を手伝っていただいた方々にも感謝!あの場所に居たすべての方々のおかげであの空間が生まれたのだと感じています。
プレーヤーとオーディエンスさえいればどこでだって素晴らしい時間を過ごせるのだと改めて思いました。
一部出演者(特にドラマー)から一瀬さんが居ないじゃないかというバッシングを受けましたがそれは仕方ないということで苦笑
シガレットケースや、fifiがideaをやったのでそれに参加(5人編成でのfifi&5人でidea)したりとバタバタしていたため全バンドを撮影することが出来ませんでしたが少しでも雰囲気が伝わればなと。











年末の12/30に「ありがとう、2010」と題してまたこの場所でスタジオライブを開催する予定です。振る舞い鍋と酒を持ち寄って同じような雰囲気でやれたらと!

新宿motion


再びに3人に戻りました。
最後にMOTIONでプレイしたときも3人。原点に帰ってきた感じ。
正直ライブ前は不安と緊張で押し潰されそうになっていたけど、
ライブを終え友人たちからの率直な意見や感想を聞いているうちにひとまずの安心感を得られました。ありがとう。
RECO.愛さんの意見は毎回勉強になるし、Plat home nine中島君やfifi坪井の言葉は素直に嬉しかった。Play dead season大輔は好きな曲をやらなかったと言って微妙な表情(笑)いつも見に来てくれる方の言葉も勿論嬉しかった。初めてお会いする方が音源を買ってくれたりというのも嬉しい。そういえば甲府からKUDAN菅家が。ロンゲ(笑)

再び0地点に立ったわけですが、次のステップに立った上での0だと感じます。

しかしそれもこれもすべてはafter the greenroomあってこそ。
やまみー、あゆこ、細根に感謝。
自分にとってafter the greenroomというバンドは、毎回ほっこりさせてくれる数少ない素晴らしいバンド。やまみーのエモギターの音と深みのある歌声、あゆこの小さい身体からは想像もできないような色味あるベースフレーズ、最早職人といっても過言ではない細根のドラム/コンガ/ピアニカ技。
彼らの音楽への愛情が聴き手にじわりと伝わるような演奏スタイルが本当に好きすぎる。
「ただいま」が聴けなかったのは残念だったけど素晴らしいライブだった。

after the greenroom、僕が自信を持ってオススメするバンドなのでまだ知らない方はぜひチェックを!

セットリスト
1.Akashic Records
2.slow sign
3.isotope
4.October
5.Last Letter
6.idea

2日目仙台。

fifiの鬼気迫るエモーショナルなライブにplay dead seasonも静カニも刺激されとても良いライブが出来たと思う。音的な問題は別として(汗

play dead seasonは相変わらずどの場所でも変わらない。ディスコード的な音に全身を揺さぶられる。コースケ君の全体を楽しむドラミング、ダイスケの堂々としたベース、印南の不穏な雰囲気、ショーゴ君のエッジの効いたギターリフすべてがごちゃ混ぜになったアンサンブルが格好良い。

ボーカルが交代した新生aquarifaはどんなもんだろうと不安だったけど、正直そんなもんは吹っ飛んでしまった。どんな状況であろうとしっかりと前に進んでいるのが音を伝って感じられ、個人的にとても励みになった。リンタロウのドラムは相変わらずスカッとしていて気持ち良い。

今回の企画者、荒川クン、イズミ&マイさんが居たからこそ生まれた絆や出会い、更にそこから生まれる繋がりがあるのだと改めて感じた。自分たちにできることはただひたすら曲を書き、自分たちを曝け出す他に何もない。自分からしたら、ただ好きで好きでやっていることに対し、こうやってfifiのレコ発に呼んでくれるという事実だけで嬉しい。誰かのなかで認められているというのは素直に喜ばしいことだと思う。そいうことに対して、何か返したいなという心情が生まれるが、実際は先ほど述べたようなことしかできない。悩む。

そんな喜びとわだかまりを抱えたまま、翌日はOBTと前嶋君のエスコートで松島を観光。
PDS、fifi坪井、静カニではしゃぐはしゃぐ。日常や音楽に対する悩み等を一切捨てはしゃぎ回る。
美味しい飯を食らい、船からカモメやシュージに餌をやり、焼き牡蠣をしゃぶり、国宝瑞巌寺で無になり、福浦橋を対岸まで悠々歩き夕日を見たり。エスコートが無ければきっと右往左往してここまで楽しめなかったんじゃないかと思うと、二人の存在は本当に有り難かった。次は是非横浜を案内してあげたい!最後は駐車場で別れ再会を約束。

横浜へ着くなりオリーブに機材を置き帰宅。
時計は深夜1時を差そうとしていた。

<< | 2/8PAGES | >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM